頭皮のトラブルが起こっているなら湯シャンを試してみよう

基礎体温を高める大事さ

寒がる女性

冷えに気をつける

最近は温活が話題となることがありますが、それだけ人間は体を温めることがとても大事なことなのです。特に女性の中では冷え性に悩む人が多くいますが、体が冷えることで基礎体温が低下し、健康にも美容にも悪影響を及ぼしてしまう原因となります。体が冷えると基礎体温が低下することから免疫力が低下し、風邪を引き起こしやすくなるほか、インフルエンザなどのようなウイルスにもかかりやすくなるといわれています。そして肌にも影響が出てくるようになり、肌荒れ、乾燥、ニキビや吹き出物ができてしまう原因にもなるほか、脂肪燃焼効果が低下することで太りやすくなります。健康や美容に良い影響を与えるためにも温活が必要となり、普段の生活習慣の中では冷えに十分気をつけなければなりません。

入浴で基礎体温をアップ

温活をすることで体にどのような良い影響を引き出すことができるのかといいますと、血流改善につながります。血流改善することによって全身が温められるようになり、基礎体温が上昇していきます。人間の体が基本的に36度5分ほどが平均的に健康でいられる体温といわれており、それ以下となれば体が冷えやすくなります。血流改善につながる温活方法では、入浴が1つ上げられます。じっくりと入浴して体を温めることで血の巡りがよくなり、それを毎日続けていくことで基礎体温が上がっていくようになります。その入浴に少し工夫を重ねるとよりオンか就こうかがアップされていきます。たとえば、お風呂に入浴剤やバスエッセンスなど加えてはいるとより体を温める効果を高め、お風呂から上がってもしばらくポカポカと温かさを維持させることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加